UGGブーツ

HOME > UGGブーツの種類

UGGブーツの種類

UGGブーツの種類

今ではあまりの人気に入手困難になる商品もでるほどのUGGブーツ。
真冬にはスキニーパンツやデニムをインしてクールに。
少し寒いくらいの時期ならミニスカートに。
どんな服にも合わせやすく、なにより履き心地が良い。
また内側は総ムートン敷きで、折り返して履くスタイルもとても可愛く、とても暖かいのがいいですよね!
多くのセレブに長く愛されるのも頷けます。
そんなUGGにはたくさんの種類があるので、ここではそのいくつかをご紹介したいと思います。


-Classic Short-
UGGの定番アイテム、根強い人気の「Classic short(クラシックショート)」。最もプレーンなシープスキンブーツのショートタイプです。
→詳しくはこちら

-Classic Cardy-
「Classic Cardy(クラシックキャディ)」は、キュートなニットタイプのブーツです。
→詳しくはこちら

-Bailey Button-
「UGG」のマークが入ったまあるいサイドの大きなボタンがアクセントの「Bailey Button(ベイリーボタン)」は、発売とともに大人気となっております。
→詳しくはこちら

-Nightfall-
「Nightfall(ナイトフォール)」は中敷部分にはふわふわのシープスキンが敷き詰められているので、軽くて履き心地も最高です。
→詳しくはこちら

-Rainer-
「Rainer(レイナー)」は入手困難なアイテムのひとつです。
ファーがぐるっと大きく縫い付けられていて、ぐるぐる巻けるビーズ付きリボンがポイントです。
→詳しくはこちら

-SundanceII-
UGGの中でも冬に即完売となってしまう、「SundanceII(サンダンス)」。
外側はシープスキン素材となっています。
→詳しくはこちら

-Adirondack-
「Adirondack(アディロンダック)」は、冬の間、寒い日にも活動的でスタイリッシュに過ごしたい方にぴったりのアイテム。
→詳しくはこちら

INFO おすすめ情報

お役立ちリンク情報